刑事7人 イントロダクション 【テレビ朝日・2017夏ドラマ・水曜ドラマ・見逃し配信】

刑事7人 イントロダクション 【テレビ朝日・2017夏ドラマ・水曜ドラマ・見逃し配信】
東山紀之演じる刑事・天樹悠ら7人のスペシャリストたちが帰ってくる!
天樹の妻子の死に隠された“衝撃の真相”もついに明らかに…
“最強の敵”を打ち砕く!!

スポンサーリンク


 イントロダクション

 イントロダクション

東山紀之演じる刑事・天樹悠を中心に、個性的なスペシャリストたち7人が難解な刑事事件に挑む姿を描いた『刑事7人』が第3シリーズに突入!

今回は目まぐるしい進化を日々遂げる<東京臨海エリア>を舞台に、7人のスペシャリストたちが超凶悪犯罪に挑みます。

そんな彼らの前に、闇でうごめく“最強の敵”が出現!

さらに今シーズンは、事故だと思われていた、天樹の妻子の死の真相も明らかに!!

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/#/

 30秒PR動画

動画引用:https://youtu.be/ZRrZ8BL8JXQ

 “最強の別動捜査隊”を発足し、シリーズ最強の敵と戦う!!

2015年に第1シリーズ、2016年には第2シリーズを放送し、7月期の水曜よる9時枠をハードに飾ってきた東山紀之主演の刑事ドラマ『刑事7人』。

「機動捜査隊」に所属する主人公・天樹悠(東山)を中心に、個性あふれる刑事たちと、法医学の権威が「別動捜査隊」を結成し、各々の得意分野を生かしながら凶悪犯罪を解決に導いてきた同作が、待望の第3シリーズに突入!

 おなじみのメンバー7人が再集結し、さらにハードかつスケールアップした物語をお届けします。

 「お前らにはまだ、やってもらわなければならない“でかい仕事”が残っている」――

第2シリーズのラストで謎の言葉を漏らし、「別動捜査隊」を解体した「刑事総務課」課長・片桐正敏(吉田鋼太郎)。

最新シリーズでは彼が自ら室長となり、犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する“最強の別動隊”=「第11方面本部準備室」を発足することに!

 「警視庁捜査一課12係」時代の部下だった天樹、12係に今も所属する沙村康介(髙嶋政宏)・水田環(倉科カナ)・青山新(塚本高史)、「未来犯罪予測センター」の山下巧(片岡愛之助)、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)を再び招集し、“シリーズ最強の敵”との熾烈な戦いに身を投じていきます。

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/#/
画像引用:http://www.tv-asahi.co.jp/sayonara–/story/0008/

スポンサーリンク


 臨海エリアに潜む闇の存在

第3シリーズの舞台は、2020年に向けた目まぐるしい再開発に伴う利権争いが激化し、新たな犯罪の温床となりつつある臨海エリア。

現代日本の縮図のような混沌とした同エリアで、天樹らはより複雑化、多様化、そして国際化する<超凶悪犯罪>に毎回挑んでいきます。

そんな中、浮かび上がってくるのが臨海エリアに潜む闇の存在――!

一筋縄ではいかない最強の敵を前にした7人は、仕事としての正義を超えた領域にまで足を踏み入れ、暴走していくことになります。

その過程で見えてくるそれぞれの感情と秘密、裏の顔…。

回を追うごとに不信感や対立関係をも生みながら、ギリギリの正義を交錯させていく7人。

彼らがのぞかせる新たな顔と人間模様からも目が離せません!

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/#/

 妻子の死に隠された“衝撃の真相”が暴かれる。

実は、今回捜査する臨海エリアは、天樹の過去と密接につながっている場所です。

というのも、天樹の妻・清と娘・聖は12年前に臨海エリアの一角で事故死!

 妻子を一度に亡くした天樹が心に深い傷を負ったことは、すでに第1シリーズで明らかになっています。

しかし、事故の詳細については一切語られることがありませんでした。

その“闇に葬られていた真相”が最新シリーズで、ついに明かされることになります!

 発端となるのが、清の父で、司法解剖も担当した堂本の告白。

彼が12年ひた隠しにしてきた“清の遺体の秘密”を天樹に打ち明けることから、物語は大きく展開!

 殺人の可能性も浮上し、その先に大きな闇が見え隠れする中、徐々に衝撃の真相が暴かれていくのです。

 その真相を天樹と堂本はどう受け止め、どんな行動に出るのか――

これまでとは違った表情を見せる2人の“揺れる人間ドラマ”が、『刑事7人』にさらなる深みを与えます。

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/#/

スポンサーリンク


 ドラマ視聴は本当に無料で大丈夫?

最近はインターネットでドラマと検索すると「無料視聴」や「視聴可能な非公式サイト」に誘導するホームページが増えています。
ここ最近は、公式ホームページ等に紛れて検索の上位に表示されるなんてことも。

そこでの無料視聴は大丈夫でしょうか?結論は「NG」です。
このようなサイト、ホームページは「法律に違反」しています。最近耳にするようになった、著作権法に違反しているのです。

あまりに酷かった映画の海賊版も次々と摘発されて、最近は観られなくなっています。
地上波のドラマも同じことです。
著作者に無断転載されていますので、法律に違反しています。

侵害者に対しては、侵害行為の差止め、侵害物の廃棄、損害賠償、名誉回復等の措置、刑事罰を請求される可能性があります。
 著作権の侵害で告訴された場合、最大で10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金です! 

現在は法改正により私的使用目的であっても、無断でアップロードされていることを知っていてダウンロードする場合、(それが有償なら[動画配信サービスは基本的に有料なのでドラマも該当します。]) 
 2年以下の懲役若しくは200万円以下 の罰金が科せられることになりました。

 見逃した! もうあのドラマは観れないの?

仕事が忙しくて、宿題が終わらない、会社の付き合いで、いろいろな理由で欠かさず観ていたドラマを見逃した。
こんな経験をした人は少なくないと思います。

もう観れないのか、というと実は観れます。もちろん合法です。
このドラマは、 見逃した方は『au公式/ビデオパス 初回30日間無料』で見れます!  ※ビデオパスをご利用いただくには、au ID/パスワードが必要です。

 『au公式/ビデオパス』とは。

毎月、新作が観られるコインがもらえる!
話題の映画・ドラマ・アニメが1万本見放題!
初回30日間無料!!
※ビデオパスをご利用いただくには、au ID/パスワードが必要です。

 やっぱり無料で見たい!

ドラマの1シリーズだけ見るのにお金をかけたくない、と思う人もいると思います。
実は私もそう思っているからです。

そんな方法があるんです。もちろん合法です。
その方法が先ほど紹介した「au公式/ビデオパス」です。

無料トライアルでドラマが見られます。
 無料トライアルは予告なく終了する可能性があります。お早めに! 

登録はこちら「au公式/ビデオパス

 もっと詳しく「au公式/ビデオパス」おすすめの理由:4つのポイント

ポイント1:人気映画・ドラマ数千時間以上!!
海外ドラマシリーズをはじめ、邦画や、
昔懐かしの長編映画や韓国テレビ番組など
数千本以上のコンテンツが満載です!

ポイント2:マルチデバイス対応で
いつでも・どこでも、視聴できる!

PC、テレビ、スマートフォンなど、様々なデバイスに対応!
テレビで見始めた動画のつづきをスマートフォンで楽しめます!

ポイント3:月額562円(税抜)と低価格!
他社の配信サービスでは出来ない、コストパフォーマンスを実現。

ポイント4:無料お試し期間が30日間と長期間!
無料期間が30日間と長いことで、見逃したドラマや映画、アニメを第1話から最終話まで。
十分に楽しむことが可能です。

いかがでしょうか、おすすめするのはこれだけの理由があるのです。
この機会にぜひ無料トライアルをお試し下さい。
 無料トライアルは予告なく終了する可能性があります。お早めに!