刑事7人 キャスト・スタッフ 【テレビ朝日・2017夏ドラマ・水曜ドラマ・見逃し配信】

刑事7人 キャスト・スタッフ 【テレビ朝日・2017夏ドラマ・水曜ドラマ】
東山紀之演じる刑事・天樹悠ら7人のスペシャリストたちが帰ってくる!
天樹の妻子の死に隠された“衝撃の真相”もついに明らかに…
“最強の敵”を打ち砕く!!

スポンサーリンク


キャスト

天樹 悠(あまぎ・ゆう)役:

沙村 康介(さむら・こうすけ)役:

山下 巧(やました・たくみ)役:

水田 環(みずた・たまき)役:

青山 新(あおやま・あらた)役:

片桐 正敏(かたぎり・まさとし)役:

堂本 俊太郎(どうもと・しゅんたろう)役:

東山 紀之

髙嶋 政宏

片岡 愛之助

倉科 カナ

塚本 高史

吉田 鋼太郎

北大路 欣也

スタッフ

脚本:真野勝成 ほか

音楽:吉川清之

ゼネラルプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)

プロデューサー:
三輪祐見子(テレビ朝日)
和佐野健一(東映)
井元隆佑(東映)

監督:及川拓郎 ほか

制作:テレビ朝日、東映

スポンサーリンク


登場人物紹介

天樹 悠(あまぎ・ゆう)役:東山 紀之
「警視庁遺失物センター」「警視庁捜査一課12係」を経て、「警視庁機動捜査隊」に配属。
このたび「第11方面本部準備室」のメンバーに選ばれる。
一見朗らかだが、ふと人を食ったような態度を見せる男。
捜査能力は非常に高い。
ひたすら証拠を積み上げ、真実が分かる瞬間までは、物事を決めつけないのが天樹流。
普段は覆面パトカーで街を走り続け、誰よりも早く事件現場に駆けつけては、的確な初動捜査を指示し、最後まで鋭く被疑者を追い詰める。
12年前に妻・清と娘・聖が事故死しており、心に深い傷を負っている。
今シーズンはその事故現場がある臨海エリアを捜査。
運命に導かれるように過去と向き合い、妻子の死の真相と直面。
その奥にある“闇の存在”と対決することになる。


沙村 康介(さむら・こうすけ)役:髙嶋 政宏
「警視庁捜査一課12係」の長として、「第11方面本部準備室」の捜査を指揮する。
「第11方面本部準備室」の面々が各々の正義を暴走させる中、その狭間で葛藤しながらも、強力なリーダーシップを発揮していく。
健全な正義感の持ち主だが、仲間を信頼し、その気持ちを尊重することから、ギリギリの捜査にも力を貸す。
その裏には「最終的には自分が全責任を取る」という責任感がある。
そんな中、任務に疲れた彼は、淡い恋に癒しを求めていくが…。

山下 巧(やました・たくみ)役:片岡 愛之助
「第11方面本部準備室」のメンバー。
サイバーセキュリティー対策に関して警視庁内随一の能力を持ちながら、天才ゆえの傲慢、社会性の低さゆえに、「未来犯罪予測センター」という窓際部署に左遷されている。
いつもひとりで警視庁のシステムの脆弱性と向き合っている。
天樹悠たちにとってその能力は大きな武器だが、山下は単なる変人の枠に収まらない危うさの持ち主。
己の不遇を嘆くことで、根底にある強い正義感が人知れず、暴走していく――。


水田 環(みずた・たまき)役:倉科 カナ
「警視庁捜査一課12係」の刑事で、「第11方面本部準備室」のメンバー。
帰国子女。捜査官としては、天樹悠とはまた違うタイプの洞察力・推理力を持つ。
その言動は感情を敢えて抑制し、冷静そのもの。
臨海エリアに巣食う巨悪の登場で、天樹悠らの捜査が一線を超え始める中、潔癖な正義感をもつ環は仲間たちと対立していくことになる。
そんな中、ある人物から、“スパイ”として仲間たちの動向を内偵し、報告するよう要請され…!?


青山 新(あおやま・あらた)役:塚本 高史
「警視庁捜査一課12係」の刑事で、「第11方面本部準備室」のメンバー。
警察官にならなければ、犯罪者になっていたかもしれない男。
臨海エリアでは、ワル時代に親交があった仲間たちが一定の力を持っており、青山にとっては貴重な情報源となる。
一見ダーティーに見える捜査スタイルだが、彼なりの信念、法に縛られない正義がある。
それが、天樹悠や片桐正敏が巨悪と戦う際に必要な“毒”となる。
青山自身もそれを自任し、一線を超えていくが…!?


片桐 正敏(かたぎり・まさとし)役:吉田 鋼太郎
「第11方面本部準備室」の室長。
「刑事総務課」の課長から一転、臨海エリアの捜査に特化した「第11方面本部」の設立を推進。
自らその準備室長となり、指揮を執ることに。
「警視庁捜査一課12係」時代の部下である天樹悠らを集め、“最強の別動隊”を結成する。
その目的は、臨海エリアに戦後期から根を張り、政財界にも影響を及ぼす馬久根恒義と対峙すること。
ある理由から宿敵とみなす馬久根を倒すため、警察内部での権力闘争、犯罪者との司法取引など、逸脱した正義を執行する。


堂本 俊太郎(どうもと・しゅんたろう)役:北大路 欣也
「東都大学医学部」の法医学教室教授で、「第11方面本部準備室」のメンバー。
生涯現役を誓い、世界的権威として法医学界を牽引する。
12年前に事故死した天樹の妻・清の父で、我が娘の司法解剖も担当した。
だが、その遺体には天樹にはずっと言えずにいた、漆黒の闇につながる“ある秘密”が残っていて…!?
 「捜査の領域には決して踏み込まない」という強い矜持がありつつも、娘の死の真相が明らかになっていくにつれ、自らも捜査の領域に足を踏み入れていく。

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/#/

スポンサーリンク


ドラマ視聴は本当に無料で大丈夫?

最近はインターネットでドラマと検索すると「無料視聴」や「視聴可能な非公式サイト」に誘導するホームページが増えています。
ここ最近は、公式ホームページ等に紛れて検索の上位に表示されるなんてことも。

そこでの無料視聴は大丈夫でしょうか?結論は「NG」です。
このようなサイト、ホームページは「法律に違反」しています。最近耳にするようになった、著作権法に違反しているのです。

あまりに酷かった映画の海賊版も次々と摘発されて、最近は観られなくなっています。
地上波のドラマも同じことです。
著作者に無断転載されていますので、法律に違反しています。

侵害者に対しては、侵害行為の差止め、侵害物の廃棄、損害賠償、名誉回復等の措置、刑事罰を請求される可能性があります。
 著作権の侵害で告訴された場合、最大で10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金です! 

現在は法改正により私的使用目的であっても、無断でアップロードされていることを知っていてダウンロードする場合、(それが有償なら[動画配信サービスは基本的に有料なのでドラマも該当します。]) 
 2年以下の懲役若しくは200万円以下 の罰金が科せられることになりました。

見逃した! もうあのドラマは観れないの?

仕事が忙しくて、宿題が終わらない、会社の付き合いで、いろいろな理由で欠かさず観ていたドラマを見逃した。
こんな経験をした人は少なくないと思います。

もう観れないのか、というと実は観れます。もちろん合法です。
このドラマは、 見逃した方は『au公式/ビデオパス 初回30日間無料』で見れます!  ※ビデオパスをご利用いただくには、au ID/パスワードが必要です。

au公式/ビデオパス』とは。

毎月、新作が観られるコインがもらえる!
話題の映画・ドラマ・アニメが1万本見放題!
初回30日間無料!!
※ビデオパスをご利用いただくには、au ID/パスワードが必要です。

やっぱり無料で見たい!

ドラマの1シリーズだけ見るのにお金をかけたくない、と思う人もいると思います。
実は私もそう思っているからです。

そんな方法があるんです。もちろん合法です。
その方法が先ほど紹介した「au公式/ビデオパス」です。

無料トライアルでドラマが見られます。
 無料トライアルは予告なく終了する可能性があります。お早めに! 

登録はこちら「au公式/ビデオパス

もっと詳しく「au公式/ビデオパス」おすすめの理由:4つのポイント

ポイント1:人気映画・ドラマ数千時間以上!!
海外ドラマシリーズをはじめ、邦画や、
昔懐かしの長編映画や韓国テレビ番組など
数千本以上のコンテンツが満載です!

ポイント2:マルチデバイス対応で
いつでも・どこでも、視聴できる!

PC、テレビ、スマートフォンなど、様々なデバイスに対応!
テレビで見始めた動画のつづきをスマートフォンで楽しめます!

ポイント3:月額562円(税抜)と低価格!
他社の配信サービスでは出来ない、コストパフォーマンスを実現。

ポイント4:無料お試し期間が30日間と長期間!
無料期間が30日間と長いことで、見逃したドラマや映画、アニメを第1話から最終話まで。
十分に楽しむことが可能です。

いかがでしょうか、おすすめするのはこれだけの理由があるのです。
この機会にぜひ無料トライアルをお試し下さい。
 無料トライアルは予告なく終了する可能性があります。お早めに!