【テレビ朝日】木曜ドラマ『黒革の手帖』 7月スタート 紹介

スポンサーリンク


【テレビ朝日】木曜ドラマ『黒革の手帖』 7月スタート 紹介

「武井咲、“銀座の女王”になる」不朽の名作『黒革の手帖』で松本清張作品に初挑戦!
武井版・最強悪女が愛と欲望渦巻く夜の世界で孤高の戦いを挑んでいく…

CAST/キャスト・STAFF/スタッフ

CAST/キャスト

武井咲

STAFF/スタッフ 他情報

木曜ドラマ 黒革の手帖
2017年7月スタート 毎週木曜 よる9:00~9:54
原作:松本清張『黒革の手帖』(新潮文庫刊)
監督:本橋圭太、片山修

※随時更新します。

『黒革の手帖』みどころ

2017年7月、松本清張、不朽の名作『黒革の手帖』が甦る!

 松本清張没後25年、あの不朽の名作がふたたびテレビ朝日でドラマ化されます!

 1978~80年に『週刊新潮』に連載され、1980年には新潮社から単行本が刊行。

1982年1月期に山本陽子主演でテレビ朝日にて連続ドラマ化し、平均視聴率17.4%、最高視聴率18.6%を獲得。

2004年10月期には米倉涼子主演で連続ドラマ化し、平均視聴率15.7%、最高視聴率17.7%を獲得した『黒革の手帖』が、2017年7月、甦ります。

 愛と欲望が渦巻く街・銀座――。派遣社員として勤めていた銀行から1億8千万円もの大金を横領した原口元子は、その金と借名口座のリストが記された『黒革の手帖』を盾に、銀座に自身のクラブ『カルネ』をオープンさせます。

 後ろ盾も何もなく、みずからの野望のためだけに突き進み、若きママとして夜の世界を生き抜いていく元子。

彼女のその痛快な生き様と、時代の閉塞感に甘んじることなく己の道を切り開いていく覚悟と大胆さは、いつの時代にも視聴者を熱狂させ、“悪女”と謳われながらも多くの女性たちの共感を得てきました。

清張作品、初挑戦! 武井咲が“稀代の悪女”・原口元子を熱演!

  今作でその“稀代の悪女”・原口元子を演じるのは、松本清張作品初挑戦となる武井咲!

『Wの悲劇』、『瀬戸内少年野球団』など、さまざまな名作で主演を務めてきた武井が、地味な派遣社員から一転、夜の世界の蝶へと華麗に変身する主人公を演じます。

武井自身初となる清張作品。しかも史上最年少の原口元子となる今作。武井は“稀代の悪女”を、まさに体当たりで演じてくれることでしょう!

 危険と知りながらも、『黒革の手帖』を武器に魑魅魍魎の“怪物”たちと渡り合っていく元子。

政財界でトップを目指す人々――それぞれの欲望が息苦しいほど交錯する夜の街・銀座で、“派遣のオンナ”から銀座のママへと華麗な転身を遂げた元子の、孤高の戦いが華やかに幕を開けます。

 初めて清張作品に挑むことで大きなプレッシャーを感じているという武井ですが、「この作品を機に成長したい」と意欲十分。

原口元子という悪女を演じることについても「みなさんが抱く私のイメージも変わっていくかもしれませんが、その変化も怖くない、むしろそうならなくてはいけない」と強い思いを明らかにしました!

 いつの時代も色褪せない骨太の原作に加え、昨今広がる一方の“富の格差”、ガラスの天井を突きつける“男社会”など、現代が抱えるタブーにも鋭く切り込み、一石を投じていくであろう今作。

武井咲による、2017年版『黒革の手帖』は、この困難な時代を生きる視聴者の日常に、大きな風穴を開けるに違いありません!

スポンサーリンク


『黒革の手帖』 キャスト&プロデューサー コメント

キャストコメント 武井咲

『黒革の手帖』という、これほどの大作。

果たして自分に務まるのか、まして事務所の先輩である米倉涼子さんが主演をされた作品でもありますので、とにかくプレッシャーが凄いです。

最初にお話をいただいたときは「やりたくない!(笑)」と不安で逃げ出したい気持ちにもなりましたが、今はようやく楽しみのほうが大きくなってきたかな…?

役柄上、和装でのお芝居も多くなるのですが、着物って着るだけで意識が変わりますね。

これから本物の銀座を体験して、そこで得たものや所作などを役に反映させていきたいです。

原口元子という女性の生き方は素直に「かっこいいな」と思いますし、悪い人間を蹴落としていく、という部分に気持ちよさを感じます。

私はこれまで等身大の役が多かったので、エッジの効いた役、今までとはひと味違った役をできることが楽しみです。

今回、元子という悪女を演じるということで、みなさんが抱く私のイメージも変わっていくかもしれませんが、その変化も怖くない、むしろそうならなくてはいけない、と強く思っています。

このような大作に挑戦することに多少の躊躇いはありますが、勇気を出して一歩踏み出すことでひとつ上のステージに引き上げていただき、そこでどれだけ自分が頑張れるかが勝負なのかなと思います。

銀座のママ、悪女、という“大人の女性”な役柄のお芝居ができることを嬉しく思いますし、松本清張作品に出られることも、とても光栄です。

この作品を機にひとつ成長できればいいなと思っています!

プロデューサーコメント 中川慎子プロデューサー

2017年夏、黒革の手帖に最年少ヒロインが誕生します!

今年24歳を迎える武井咲さんが、劇中でも銀座最年少ママという新たな設定と共に、稀代の悪女の物語に新風を吹かせます。

黒革史上、最も若く、最もしたたかで、最も大胆なヒロイン・原口元子の華麗なる軌跡をどうかご期待下さい。

スポンサーリンク


ドラマ視聴は本当に無料で大丈夫?

最近はインターネットでドラマと検索すると「無料視聴」や「視聴可能な非公式サイト」に誘導するホームページが増えています。
ここ最近は、公式ホームページ等に紛れて検索の上位に表示されるなんてことも。

そこでの無料視聴は大丈夫でしょうか?結論は「NG」です。
このようなサイト、ホームページは「法律に違反」しています。最近耳にするようになった、著作権法に違反しているのです。

あまりに酷かった映画の海賊版も次々と摘発されて、数が減ってきています。
地上波のドラマも同じことです。法律に違反していることに違いはありません。

見逃した! もうあのドラマは観れないの?

仕事が忙しくて、宿題が終わらない、会社の付き合いで、いろいろな理由で欠かさず観ていたドラマを見逃した。
こんな経験をした人は少なくないと思います。

もう観れないのか、というと実は観れます。もちろん合法です。
 私がおすすめするのは、U-NEXTです。 

U-NEXTとは。

最新作から名作まで、120,000本以上配信している”日本最大級”の動画配信サービスです。
毎月2,000本以上更新、多彩なジャンルとラインナップで人気となっています。

U-NEXT31日無料トライアル

やっぱり無料で見たい!

ドラマの1シリーズだけ見るのにお金をかけたくない、と思う人もいると思います。
実は私もそう思っているからです。

そんな方法があるんです。もちろん合法です。
その方法が先ほど紹介した「U-NEXT」です。

今、 31日間の”無料”トライアルをしています。 
「31日間」です。
仮に全話見逃したとしても余裕で全部見れます。

U-NEXTに登録するだけでOK。
無料トライアルでドラマが見られます。
 無料トライアルは予告なく終了する可能性があります。お早めに! 

登録はこちら「U-NEXT31日無料トライアル

もっと詳しく「U-NEXT」おすすめの理由

なぜ数ある動画配信サービス中から「U-NEXT」を選ぶのか。

理由1:U-NEXTだと31日間という他にはない長期間を無料で楽しむことが出来ます。
普通の無料期間だと長くても2週間が相場だと思います。

理由2:配信本数120,000本以上!
他と比べると圧倒的な本数です。
作品のジャンルは、映画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、など幅広いジャンルを楽しめます。

理由3:DVDが発売される前に作品を見ることが出来ます。
DVDを借りに行く人は多いと思いますが、DVDが出る前に見ることができるので「すぐに観たい!」を実現できます。

理由4:最大4台の機器で同時に視聴が可能!
一部非対応があるものの、最大4台同時に視聴できるので機器の取り合いになりにくいです。
それぞれが好きな番組を観れます。

理由5:ビデオ見放題サービス会員なら追加料金なしで雑誌70誌以上が読み放題!
ドラマどころか雑誌まで見放題です。

理由6:どこでも、いつでも楽しめる!マルチデバイス対応!
お手持ちのパソコン、スマートフォン、タブレット、テレビ、すべてがいつでも好きな時に見ることが出来ます。

いかがでしょうか、おすすめするのはこれだけの理由があるのです。
この機会にぜひ無料トライアルをお試し下さい。
 無料トライアルは予告なく終了する可能性があります。お早めに! 

U-NEXT31日無料トライアル