【テレビ朝日】水曜ドラマ『9係~警視庁捜査一課~season12』 第6話 あらすじ&感想

【テレビ朝日】水曜ドラマ『9係~警視庁捜査一課~season12』 

『9係~警視庁捜査一課~season12』 第6話 あらすじ

01
02
03
04
とある公園の池からペットショップ経営者・真奈美(山本南伊)の遺体が発見された。

真澄(原沙知絵)の検視により死因は絞殺と断定。防犯カメラの映像から自宅で殺害されたと思われるが、だとすれば、犯人はなぜわざわざ自宅近くの池に死体を遺棄したのか?

 真奈美は、中堅の電気機器メーカーの佐野山社長の愛人であることがわかった。

志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)が佐野山に事情を聞くと、金遣いが荒い真奈美を見限り、総務の宇野(朝倉伸二)と経理の津村(青山勝)に別れるための交渉を任せていたという。

津村らは犬や猫を買わされ、強欲で派手好きな真奈美に手を焼いていたようだ。

 直樹(井ノ原快彦)は真奈美が経営するペットショップへ。

店員の佳奈子(せんだるか)によると、真奈美は店の動物を商品のように扱っていたとか。

真奈美は店のスタッフからも嫌悪されていたようだ。

マンションの防犯カメラの映像を分析していた青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、真奈美と腕を組んで部屋に入る津村を発見。

勝手に任意で取り調べるが、志保と村瀬から、津村は社長の命令で真奈美に会っていたことを指摘される。

結局、津村はそのまま帰宅。妻の燎子(松本紀保)も安堵する。

村瀬に激しく非難された青柳らは、証拠を手に入れようと鑑識の猪狩(伊東四朗)に現場の再捜索を依頼する。

すると最初の捜索では見つからなかったスーツケースのキャスターが見つかった。

キャスターから津村の毛髪と犬の毛が検出され、不倫と遺体の遺棄を認めた津村だが、真奈美は自殺だったと主張する。

津村の証言の裏も取れるが、真澄が反論。そして猪狩も疑問を口にして…。

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/9gakari_12/story/0006/
画像引用:http://www.tv-asahi.co.jp/9gakari_12/story/0006/

『9係~警視庁捜査一課~season12』 第6話 関連ツイート紹介

画像引用:https://twitter.com/CEeljOLyqEtJlms/status/864823082308976640


★U-NEXT

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>!映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで80,000本以上配信!PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐに楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!
▶最新映画はレンタル同時配信!地上波テレビドラマを追っかけ配信!海外・韓流ドラマが充実!アニメもとことん楽しめる!

今ならビデオ見放題が31日間無料でお楽しみいただけます!
しかも雑誌45誌以上が読み放題!
さらに最新作などが楽しめるU-NEXTポイント500円分もプレゼント!
※ビデオとスマホで音楽放送1000ch以上が楽しめるプランもございます。