【フジテレビ】月曜ドラマ『貴族探偵』 第5話 あらすじ&感想

【フジテレビ】月曜ドラマ『貴族探偵』 第5話 あらすじ&感想

『貴族探偵』第5話 あらすじ

st_main_05
st_img05_1
st_img05_2
st_img05_3
st_img05_4
貴族探偵(相葉雅紀)は何者なのか? 正体を探るべく、高徳愛香(武井咲)は玉村依子(木南晴夏)の紹介で、貴族探偵と懇意にしているという桜川鷹亮(竜雷太)に会いに行く。
 桜川家を訪ねた愛香だが、依子が来ない。愛香が連絡すると、何でも今日は桜川家で大事な行事があるので来るなと言われたのだとか。仕方なく帰ろうとする愛香を呼び止める声。鷹亮の外孫、豊郷皐月(加藤あい)だ。皐月は依子の非礼を詫び、お茶でも、と愛香を屋敷に誘う。
 愛香が皐月と話をしていると、猟銃を持ち、獲物のキジを手にした一団が。大事な儀式のためだと教える皐月は、愛香も見てみないかと再び誘ってくれた。

屋敷内には、先ほどの男たちが控えていた。そこに、鷹亮が来る。皐月は、鷹亮の孫、弥生(北香那)の婿、桜川家の次期当主を選ぶための儀式だと愛香に教える。キジを射止めた金山俊市(忍成修吾)をはじめとした先ほどの一団の男たちが婿候補だった。現在では形式化しているとは言うものの、かつてはキジを射止めたものが本当に婿になる、いずれは当主になるのが慣習であった。
 金山は得意顔で弥生をエスコート。他の参加者たちと、使用人の愛知川友也(白洲迅)が弥生に付き添う。様子を見ていた愛香だったが、思わぬ幸運を得る。なんと、鷹亮が面会すると言うのだ。
 鷹亮の書斎に通された愛香は、貴族探偵のことを尋ねる。すると、鷹亮は本人に直接聞いてみるよう促す。愛香が振り返ると貴族探偵が! 貴族探偵は儀式の立会人だったのだ。鷹亮は愛香にも立会人を依頼する。
 2人の探偵を立会人として、いよいよ始まった婿選びの儀式であったが、鷹亮の懸念通り、凄惨な事件が待ち受けていた!
引用:http://www.fujitv.co.jp/kizoku/story/story_05.html
画像引用:http://www.fujitv.co.jp/kizoku/story/story_05.html

『貴族探偵』第5話 関連ツイート紹介

画像引用:https://twitter.com/KankokuNao/status/864356834466869248

画像引用(トップ、サムネイル画像):http://v.sp2.fujitv.co.jp/prgtop.cgi?bid=5121

★ドラマ観るならここがおすすめ

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>!映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで80,000本以上配信!PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐに楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!
▶最新映画はレンタル同時配信!地上波テレビドラマを追っかけ配信!海外・韓流ドラマが充実!アニメもとことん楽しめる!

今ならビデオ見放題が31日間無料でお楽しみいただけます!
しかも雑誌45誌以上が読み放題!
さらに最新作などが楽しめるU-NEXTポイント500円分もプレゼント!
※ビデオとスマホで音楽放送1000ch以上が楽しめるプランもございます。